持ち物編
2016.07.06


持ち物編ここに書いてあるものは、必ず準備をして持ってきましょう。分らないことがあれば気軽に船長までお問い合わせください。ここに書いてあるものはあると便利です!必要そうなものは用意しておくと良いですね。持ち物編ここでは釣具以外の『持ち物』について紹介します。必ず持っていくもの と 持っていくと便利なもの について押さえていきましょう。▼必ず持っていくものクーラーボックス釣ったイカを冷蔵し持ち帰るのに必須です。氷が入る分も考慮すると小さくても20!以上のものを用意しておくといいです。これで小さいイカなら20杯は入ります。飲料 脱水症状が出ないようにするために2!以上、飲み物を用意しましょう。夏場は大目に用意することをおすすめします。※スポーツをする時と同様に、体に吸収されやすい飲み物が良いです。食事お腹が空いては釣りに集中できません。朝と昼の2食分を用意しておきましょう。※酔いやすい人は食べすぎに注意してください!甲板で滑らない靴普通の長靴で問題ありません。ひざ丈まである長靴だとより良いです。酔い止め酔っていては釣りになりません… せっかくの来たのに楽しめません。乗り物酔いする人や疲れっぽい時は気にせず酔い止めの薬を飲みましょう。※乗船30分前までに飲んでおくとしっかりと効いていいですよ。▼持っていくと便利なもの帽子一日中炎天下にさらされますので、帽子を被って暑さ対策をしましょう!※沖では強風が吹くこともありますので首紐のあるものが良いです。速乾性のズボンと長袖シャツ海水やイカ墨などでびしょ濡れになることはよくありますので、速乾性の良い衣服で来られることをお勧めします。※沖では長袖のシャツを着るといいです。曇りの日でも半袖だと日焼けのせいで皮膚がズルムケになることがあるので気を付けましょう。タオル 何枚かタオルを持っておくと、便利です。顔や手、体を拭く機会は想像よりも多いです。また怪我をした時等にも役に立つので持っておいて損はないです。日焼け止め帽子&長袖で身を包んでも顔や首筋が日焼けしてしまいます。これは海面からの照り返しが影響しています。お勧めはPF30以上の日焼け止めを選ぶといいでしょう。分らない時はお店の人か女性に聞いてみるといいですよ。防水バッグこれがあるととにかく便利です。貴重品や携帯電話等、濡らしたくないものはすべてこれに入れておくと良いでしょう。船上では濡れないところはないと思っておくといいですよ。スーパーの袋何枚かあると良いですよ。釣ったイカや濡れたもの衣類やタオルなど、出したゴミをまとめたりするのに大変便利です。調理道具包丁、ハサミ釣ったばかり死後硬直前のイカを刺身にして食べたり、沖干しをする方は、イカを捌くために用意しておくと良いですよ。沖干しセットロープ、串沖干しとは、沖で潮風にさらしながら釣ったイカを干すことです。帰宅後に炙ればすぐに食べれる上、おいしいので人気があるようです。沖干しをするにはイカをロープと串を使って干しますので、やってみたい方は用意しておくと良いですよ。※ちなみにイカを干している風景はこんな感じです。良い眺めですね~沖漬けセット漬けダレ、ジップロック沖漬けとは、活きたままのイカを醤油ベースのタレに漬け込んで味を染みこませることです。これは釣ったばかりの活きているイカを使う必要があるので釣りに来ないと味わえない逸品です。沖漬けをするには、ジップロック等中以上の大きさのものの中に漬けダレを入れた状態で用意しておくと良いですよ。後は釣ったばかりの活きたイカを入れるだけです。応急キット絆創膏、消毒液ちょっとした怪我の時にあると便利ですよ。絆創膏であれば防水加工のものだとより良いです。
2016.07.06 23:50

- 小林丸 -