釣具編:リールについて
2016.01.19


釣具編(リールについて)リールについてここでは『竿』の次に手元に近い釣具である『リール』について紹介します。リールは仕掛けの降ろしから糸の巻き上げまでを担う非常に 重要な 道具です。素早く仕掛けを降ろせたり、糸を巻き上げられることで、仕掛けの投入回数を増やし釣果を伸ばすことができます。また巻き上げる力が強ければ、パラソル級(55㎝以上)の大きなヤリイカがついたりイカがたくさんついていたりしても、ブレーカーが落ちにくく快適です。リールの重要性をご理解いただけたところで、次にリールの種類について紹介します。リールの種類についてリールには、大きく分けてベイトリール、スピニングリールと呼ばれるタイプの2種類があります。釣り方によって使い分ける必要があるので各々のタイプについて触れていきます。ベイトリール飛距離がいらず糸を巻くときのパワーを求める場合に使われるリールです。駿河湾はイカのいる棚が深いため、手で巻き上げる事が困難です。小林丸に乗船する際はこのタイプの電動巻き上げリールを用意しよう!細かい話をするとベイトリールには、ロープロファイルと呼ばれる型と丸型と呼ばれる型があります。ちなみに型の違いによる大きな性能差はないので好みで選ぶといいです。スピニングリール飛距離やスムーズさ、スピードを求める投げ、磯釣りに使われるリールです。電動で巻き上げ機能がついているものはありません。(昔は電動タイプがあったようです)「投げては巻いて」の釣りが基本となるリールなので、一日中竿を持った釣りを楽しむ際に使用します。駿河湾のイカ釣りには向きません。次にリールの名称について触れてみたいと思います。船頭や周りのお客さんからアドバイスされたときに何処の事を言ってるのか分からなかったらもったいないですから、頭の片隅に入れておくといいですよ。リールの各部名称ハンドルハンドルノブクラッチブレーキメカニカルブレーキスプールリールフットドラグレベルワインダーベールローターナット
2016.01.19 22:00

- 小林丸 -