釣具編:仕掛けについて
2016.05.02


釣具編(仕掛けについて)スッテはイカのノリが悪い時に効果的ですが、鯖が多い時に使用すると鯖も引き付けてしまうので要注意!!またプラヅノの配色についてですが基本的に海が澄んでいる時は薄い色、海が濁っている時は濃い色を使うのが良いとされています。初心者は市販の5色のプラヅノを使うのが無難です。ちなみに自分で仕掛けを作る時は好みの色に偏らないように注意ましょう。最近では、羽のついてるオモリがありますが、羽が少しでも曲がっていたりするとオモリがくるくると回転し、糸がねじれたり絡みやすくなります。またオモリが海中に入った後の落ち方が、他のオモリと大きく異なるため、おまつりが発生しやすくなるので使用を控えていただけると幸いです!!これで間違いなし!ダブルオモリスッテプラヅノエダス幹糸サルカンシングルこれはあくまでも参考です。当日はいくつか異なる種類の仕掛けを持参しておくとその日にあった仕掛けを使用できるのでいいですよ!また前日にご相談いただければその時々にあうものを紹介するので気軽にご連絡ください。直結ブランコはじめはブランコで慣れていくといいですよ。うまくなったら直結にも挑戦してみてはどうでしょう!!釣具編(仕掛けについて)はじめに仕掛けの名称から紹介していきます!ここでは『仕掛け』について紹介します。仕掛けは、釣果に直結する とても大事な道具 です。仕掛けの種類によってツノの大きさや針も異なりますので、きちんと押さえておきましょう。仕掛けの名称サルカンラインと仕掛けを接続する金具。幹糸(仕掛け糸)仕掛けに使われるナイロン。エダス(仕掛け糸)幹糸から枝割れしたナイロンで、その先にはツノがつながる。幹糸より細いものを用いる。ツノイカが餌と間違えて食らいつく部位で、先端には針が付いている。素材はいろいろなものがあり、プラヅノやスッテ等がある。仕掛けの種類次に仕掛けの種類について紹介します。大きく分けると、「ブランコ」と「直結」の2種類に分類できます。まずはそれぞれの仕掛けの違いを図で見ていきましょう。ブランコ左の図のように幹糸からエダスに分かれツノがぶらぶらとぶら下がる形状の仕掛けです。イカがツノについているときに竿を上げ下げしてもイカがバレにくい(*1)ので初心者に向いています。ただし鯖が多い時は鯖が絡みやすく、イカがいる棚まで仕掛けが到達しにくいため釣果が伸びにくくなることがあります。直結右の図のように幹糸に直接ツノを連結する形状の仕掛けです。イカがツノについているときに竿を上げ下げして釣り糸が緩むとイカがバレやすい(*2)ので初心者に不向きです。直結の場合、ツノの先についている針をシングル(1つ)にするのが一般的であり、釣り上げた際に仕掛けから簡単にイカを外せるため仕掛け投入回数が増え、釣果を伸ばすことができます。ブランコより幹糸を太くすることができるため、ツノの数もブランコに比べて、多くすることができます。鯖が多い時も、鯖が掛かりにくいため、大変便利です。直結はあたりが分るようになってから使用することをおススメします!!イカが離れにくい。イカが離れやすい。ツノの使い分けについて次にツノの使い分けについてです。イカの種類やその日の状況に応じてツノの使い分けが重要です。イカだって種類や時々の状況によって好みが変わる程度に思っていただければ分りやすいのではないでしょうか。ということでどの様に使い分けるか表にしたので参考にしてみてください。オモリについて最後にオモリについて少し触れておきます。オモリにもいろいろな種類があります。挙げだすとキリがないのでここでは控えますが、駿河湾でイカ釣りするならシンプルな 胴付オモリ の120号 これ一本で問題なし!糸が切れてしまえばあっという間にパーですから安くて替えがきく左のやつくらいが ちょーどいい !必ず釣り当日は何本か持ってくるといいでよ。直結ブランコシングル(1連)18cm14cmスルメイカシングル(1連)11cmムギイカヤリイカダブル(2連)18cm14cmスルメイカダブル(2連)11cmムギイカヤリイカ針ツノサイズ仕掛け種類イカこれはあくまでも参考です。当日はいくつか異なる種類の仕掛けを持参しておくとその日にあった仕掛けを使用できるのでいいですよ!また前日にご相談いただければその時々にあうものを紹介するので気軽にご連絡ください。最近では、羽のついてるオモリがありますが、羽が少しでも曲がっていたりするとオモリがくるくると回転し、糸がねじれたり絡みやすくなります。 またオモリが海中に入った後の落ち方が、他のオモリと大きく異なるため、おまつりが発生しやすくなるので使用を控えていただけると幸いです!!
2016.05.02 22:00

- 小林丸 -